札幌の訪問看護ステーション木の葉

ケアプランセンター木の葉(居宅介護事業所) 訪問看護、糖尿病療養支援、介護指導、介助、リハビリテーション、体位変換、床ずれ予防


札幌 訪問看護ステーション木の葉訪問看護サービス料金案内スタッフ紹介会社案内リクルート情報お問い合わせ

>札幌の訪問看護ステーション木の葉  >ケアプランセンター木の葉

居宅介護支援事業所?

北海道の指定を受けた介護支援専門員(ケアマネージャー)がいる事業所です。

介護サービスを受けるために必要な「要介護認定」の申請代行や、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼する際の窓口となります。
介護保険の詳細についての説明、手続き代行を行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

利用対象者 要介護認定を受けている方、または今後要介護認定の申請を
予定される方。
利用料金 ご利用者様の自己負担はございません。
保険者より介護認定度に応じたサービス計画費を受けています。
サービス実施地域 札幌市全域、北広島市全域、江別市(大麻・文教台)
主な業務内容
  • 介護に関する相談・援助
  • 居宅介護サービス計画の作成
  • 介護保険サービス提供事業所との連絡調整
  • サービス計画に基づいたサービス実施状況の把握と評価
  • 要介護認定の申請代行
  • 介護保険費の給付管理
  • 介護保険等に関する質問や苦情の受付
居宅介護支援の流れ
  1. STEP 1

    ご利用者様のご自宅を訪問して、心身の状態や生活環境等を確認させていただき、可能な限り
    ご自宅で 自立した生活が送れるように、抱えている問題点や解決すべき課題を分析します。

  2. STEP 2

    ご利用者様やご家族様が望む生活の実現に向けた居宅サービス計画(ケアプラン)の原案を
    作成します。

  3. STEP 3

    ご利用者様およびご家族様やサービス事業所とともにサービスの提供にあたり、意見交換等を
    行います。

  4. STEP 4

    サービスの種類・内容・利用料等や利用者様とご家族様の意向・希望・心身の状態等をよく考慮して
    居宅サービス計画(ケアプラン)に基づいた必要なサービスの調整をします。

  5. STEP 5

    サービス開始後も利用状況の把握や身体状況等の確認をさせて頂きながら、必要に応じて
    居宅サービス計画(ケアプラン)の見直しを行っていきます。

居宅介護支援事業Q&A
資格に関すること
Q. 65歳になるときに、第2号被保険者から第1号被保険者に変更するための手続きは必要ですか。
A. 第1号被保険者に変更するための手続きは必要ありません。
Q. 被保険者証の交付対象はどのような方ですか。
A. 第1号被保険者は、全員の方に被保険者証が交付されています。
65歳になられる方は誕生月までに郵送します。
また第2号被保険者については、要介護認定を受けられた方に交付しています。
介護保険料に関すること
Q. 介護保険料はどのようにして決まりますか。
A. 40歳〜64歳の方は加入している医療保険の保険料に含まれています。
65歳以上の方は各市町村で設定しています。
Q. 介護保険サービスを利用しなくても、保険料を支払うことになりますか。
A. 介護保険は高齢者の介護を社会全体で支えていく社会保険制度で、40歳以上の方は保険料を払うという義務と同時に、保険加入者として保険給付を受ける権利があります。
サービスを利用しなくても40歳以上の方は保険料を支払うこととなります。
Q. 保険料は無職でも支払うことになりますか。
A. 職業の有無に関係なく支払うことになります。
Q. 第1号被保険者の保険料は、夫婦の場合2人分を支払うのですか。
A. それぞれに保険料が賦課され、納めていただくことになります。
Q. 年金天引きではなく、自分で納入したいのですが。
A. 支払の方法については、任意で選択できないことになっています。
したがって、年金の支給停止や所得段階の変更による保険料の減額などがない限り、年金の天引きを停止することはできません。
Q. 介護保険料の負担が大きいのですが、減額制度はありますか。
A. 所得段階が第3所得段階以上に該当する方は、要件を満たす場合に減額の対象となります。
Q. 身体障害者ですが、65歳になったときに介護保険料の免除はありますか。
A. 身体障害者であっても、介護保険料の免除の対象とはなりません。
要介護認定に関すること
Q. 要介護認定を受けたいのですが、どうすればいいのですか。
A. 介護被保険者証を添えて、要介護認定申請書を提出してください。
「ケアプランセンター 木の葉」では申請の代行を行っております。お気軽にご相談下さい。
Q. 入院中ですが、要介護認定の申請はできますか。
A. 入院中において要介護認定の申請をすることができる場合は、
  • 急性期の治療中を除き、その病状が安定し在宅に向けて退院する予定が
    示された時
  • 一定期間のリハビリ計画に基づきリハビリが開始され、退院する予定が
    示された時です。
Q. 要支援・要介護の認定を受けており、もうすぐ認定の有効期間が切れる場合、更新を自動的に市役所でやってもらえないのですか。
A. 本人の意志に基づいて介護の認定を受けているものであり、市役所が自動的に更新することはできません。
必要があれば更新の手続きを行ってください。「ケアプランセンター 木の葉」では、更新手続きの代行を行っております。
お気軽にご相談下さい。
Q. 要介護認定申請をしたが、認定結果が出る前にサービスを急いで利用したいのですが。
A. サービスの利用はできますが、認定結果によって全額自己負担となることがありますので、必ずご相談ください。
介護サービスに関すること
Q. 要介護1の認定通知を受けましたが、デイサービスなどのサービスを受けるにはどのような手続きが必要ですか。
A. サービスを受けるには、ケアマネジャーを決めていただき、そのケアマネジャーにデイサービス等のサービスを依頼することにより、ケアプランの設定およびこれに基づくサービスを受けることができます。
Q. 高齢になり体力が低下してきたので手すりをつけたいのですが、介護保険からの助成はありますか。
A. 要介護認定の申請をしていただき、認定の結果、要支援等の認定を受けた場合は担当ケアマネジャー等に相談し、手すり取付等の住宅改修事前申請をしていただき、介護福祉課で承認した改修については20万円を限度とし、1割の負担で行うことができます。
Q. 要介護2の親が必要とするトイレ、風呂および階段の手すりについて事前申請をしていないが、明日業者が取り付けることになっています。
介護保険の適用がありますか。
A. 介護保険の住宅改修については、平成18年度から事前申請が義務づけられました。
手すりを事前申請がなく取り付けられてしまうと介護保険の対象となりませんので、ケアマネジャーと相談の上、事前申請してください。
Q. 要介護1の妻は認知症がありますが、2人で生活しています。
近々自分が入院することになったが、その間に妻を預かってもらえるところはありますか。
A. ショートステイの利用が妥当かと思います。
ケアマネージャーと相談し、申し込んでください。
Q. 介護認定が要介護1から要支援2になりました。
要支援2は介護施設を利用できないとなっていますが、デイサービス・ショートステイは利用できますか。
A. 要支援1、2の方についても、デイーサービスおよびショートステイなどの居宅サービスは利用できます。
Q. 現在、要介護2で身障3級ですが、今回身障2級の申請をすることになった。介護サービスを利用しているが、身障2級に認定された場合、介護サービス利用料金が安くなったり、他の助成がありますか。
A. 身体障害者の等級が2級と重く認定されたとしても、介護保険における要介護2の認定区分に変更なければ、介護サービスにかかる利用料金は変わりません。
Q. 入院中の母がいるが、現在外泊中です。特殊ベッドを使用したいと考えているが、介護未認定です。どのようにすればいいのでしょうか。
A. 入院中における外泊の場合は医療保険の継続中であることから、介護ベッドのレンタルはできません。
Q. 要介護3の母はデイサービスなどを利用中です。夜間にポータブルトイレがあれば便利なのですが、どのようにしたら借りられるのでしょうか。
A. ポータブルトイレやシャワーチェア等の入浴補助用具等の特定福祉用具は、レンタルではなく購入となり、10万円を限度として1割の負担で購入することができます。
お問い合わせ
ケアサプライセンター木の葉 リクルート情報 訪問看護サービス例 糖尿病療養支援について 事業所実績 ご利用者のご家族からメッセージ スタッフブログ 訪問看護サービスエリア

『清田区』

北野、美しが丘、里塚、平岡、真栄

『厚別区』

大谷地、上野幌、青葉町、もみじ台
厚別中央、厚別北、厚別東、厚別西
ひばりが丘、山本町

『白石区』

南郷、東札幌、北郷、菊水、川北
川下、菊水元町、菊水上町、米里

『豊平区』

旭町、水車町、月寒、豊平、西岡
中の島、羊ヶ丘、平岸、福住、美園

『北広島』

大曲、西の里、虹ヶ丘、東部、
団地地区

『江別』

上江別、豊幌、野幌、大麻、文京台

よくあるご質問

個人情報保護方針について